04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

2012年5月31日 脳が溶けるくらい寝た 

2回目手術後の出社以降、妙に眠い日が多い。
「ちょっと横になってくる」と言い残したが最後、目覚めたら朝。
昨日もそうだった。
夜7時ごろ「疲れたしちょっと寝てくる」と言い残し、炊飯器のスイッチをONして寝に行った・・・ら、朝だった(爆)
しかも、偏頭痛が起きていた・・・。
脳が腐ってるから頭が痛い・・・・なんて事はないよね(汗)

疲れている、と言うことにしよう。それと、生理でもあるし眠いのだ。多分。

TC前の勤務もあと残すところ1日。
1日なんだが、明日の午前中は本社に出張になったので、会っておきたい人にも会いにいこうと思う。


ちなみに。
退院翌日に歯科で検診してもらって、そのLetterを先生に渡したわけだが、
その時先生いわく「葉の具合が悪くて(虫歯とか歯周病とか)化学療法を延期する人って結構多いんだよね」と。
そうなんだ~、と思った。

私は歯の質が強くてそんなに虫歯には見舞われないのだが、歯並びが非常に悪いこともあるし、
やっぱり年齢を経るとそれなりに歯茎が弱ってくる。
でも、今回歯科でOKを貰ったのは↓この秘密兵器のおかげだと信じてる。
これって、自分で探したわけではなく、オススメされたうえにプレゼントまでしてものなのだ。
使った後はすっきり爽快。使うたびに歯茎が引き締まってくるように思える。
結構おすすめ。

Panasonic ドルツ・ジェットウォッシャー 白 EW1250P-WPanasonic ドルツ・ジェットウォッシャー 白 EW1250P-W
(2009/02/20)
パナソニック

商品詳細を見る


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/05/31 Thu. 19:14 [edit]

category: 5)二度目の手術後からTCまで

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

31

2012年5月29日 診察日 

朝からにわかに空がかき曇り、雷鳴とどろいたりする不安定な日でした。
風が吹いて涼しくてよかったけど、合間無く雷が鳴っていると言うのは(そして時々消防車のサイレン)、あまり気持ちがいいものではないなあ。

そんな夕方、診察に。
予約の30分前に着いたのだけど、皆さん結構長時間。
その間通りかかる看護師さんたちが「調子はどう?」とそれぞれ聞いてくださる。
肌の調子がわるいこととか(「それはきっとストレスよ」と言われ、そういえば出社し始めてから酷くなったぞと思ったり)、一日仕事をして帰ってくると術側の胸から脇が鋼鉄のように固くなってしまうこととか、色々報告。

そして診察。
傷を見せてみて、「大丈夫だね~」のお言葉。
先日歯科で貰ってきたLetterを渡して、治療が不要なことを確認すると、「じゃあいつから始めてもいいよね。いつにしようか」と日程の相談となった。
さっさと初めてさっさと終わりたい私(せっかち???)
「6月に入ったらいつでもいいです」と返事。そして6月4日(初回のみ一泊の入院)に決定し、TCの内容の再説明と副作用の説明などを受ける。
最後に肺炎球菌の予防注射をして帰宅。

1回目・2回目の入院友にメールでご連絡。1回目の友たちはみんな放射線治療中なので、やっと私も次の治療に入れるよと思う気持ちが大きい。
あ~。とうとう始まるなあ。
ウィッグも出してみて眺めなくちゃ。
髪も切りに行かなくちゃ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/29 Tue. 21:43 [edit]

category: 5)二度目の手術後からTCまで

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

29

2012年5月27日 絵を描く日 

まず、この間から読んでいる本をメモしておこうと思う。

マンガと図解でよくわかる! 乳房再建のすべて (健康ライブラリースペシャル)マンガと図解でよくわかる! 乳房再建のすべて (健康ライブラリースペシャル)
(2012/04/27)
不明

商品詳細を見る


「いえいえあなた、まだ手術後半月ですよ。抗がん剤もホルモン治療もこれからですよ」
なんだけれど、全摘手術で入院しているときに、
「まてよ。私もし健側に再発したら両胸なくなるじゃん!」と思い、これまで「ま、いいか」と
思っていた再建が俄然身近になった感じがする。
まあ、今のところ無くても不自由はしていないのだが(そもそも【貧】だったし)、やっぱ温泉行きたいぞ。
というわけで、勉強のために読みました。

-----

今日は一日引きこもり。
体調が悪いからではなく、作業があったので。

仙台に住むとある方が、昨年の震災時のツイートをまとめて電子書籍を出すことになって、
その装丁画(表紙)を依頼されていたので、仕上げ作業をしていました。

家の外に・・・というか、外気に触れたのは洗濯のときだけ。
でも、最高気温が30度!!!だったらしいので、出なくて正解だったと思う。

昨日辺りから両手に湿疹というか、引っかき傷のかさぶたって言うか、そういうのが大量に出来てる。
(朝起きたら出来てた)
丁度生理だと言うこともあると思うけど、リンパ郭清した左手に傷が出来るとゾッと背筋が寒くなる。
リンパ浮腫は嫌じゃ~T_T
今のところ大丈夫そうだけど。
リンデロンで抑えてます。
術後初めての生理ですが、やっぱしんどいな。
眠気もすごいし、体がだるい。全体的に。

でもまた明日から一週間が始まるぞ。がんばろう。引継ぎもしなくちゃなんない。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/27 Sun. 23:32 [edit]

category: ちょっと息抜き

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

27

2012年5月26日 バラ園 

次の治療が始まる前に、遊んでおきたいね、というわけで、mmと約束していた土曜日。
お天気は初夏を思わせる快晴。

タイ料理店でグリーンカレーをたらふく食べた後、コンビニスイーツを手に植物園へ。
この季節、みどりのにおいがムンムンしています。

IMG_3698.jpg

5月と言えばバラ。バラ園へ行こう。

IMG_3705.jpg

IMG_3707.jpg

IMG_3714.jpg

バラ園は花盛りでした。
写真を撮る人でいっぱい。
バラの香りもいっぱいでした。

この微妙な色合い(黄からピンク)のバラはアンネフランクのバラ。
結構大輪なのですが、可憐さと利発さが表れた色合いだなぁと。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/26 Sat. 19:49 [edit]

category: ちょっと息抜き

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

26

2012年5月25日 出勤 

2度目の手術前と同じように、始業時間の1時間前に業務開始。
フルフレックスと言うのはこういうときにありがたい。
だんだんと出社してくる同僚たち。「おかえり~」と言ってもらえて心が和む。ありがとう。
ちなみに、私の職場は私以外男性。
厳しい職場と思われそうだが、結構みんな優しかったりするのだ。

今回の手術の話と今後の治療について上司と話をする。
主には今後の治療時の勤務をどうするか、とか。
とりあえず、1クール目は休んで様子を見ることに。
1クール目の状況を見て、もし、ムリっぽかったら休み、勤務できそうな日があれば在宅勤務をすれば良いということに。
骨髄抑制がこわいなあ、と言うのも上司は理解しているので、「出勤と言うのはないよね」とは承知済み。
在宅勤務用のPHSの手配についても確認してくれている様子。
とにかく、来週火曜の通院でいつから治療開始になるか、ということが決まって、それから手続きを始める。

初日の木曜の夜、恐ろしく疲れてしまって「ちょっと横になろう」と思って布団に入ったら、目が覚めたら朝だった。
通勤、おそるべし。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/25 Fri. 20:40 [edit]

category: 5)二度目の手術後からTCまで

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

25

2012年5月23日 明日から仕事 

月曜日、術後初めての診察。
火曜日・水曜日、在宅勤務。
そして、明日とうとう出社です。

早起きはしていたものの、鈍ってしまっている身体、ラッシュに圧倒されないかどうか心配です。
それと、8時間の勤務時間中、ずっと座っていると言う状態と。
在宅勤務とはいえ、疲れたら横になっていたので、そういう環境があるかどうかを考えるだけで疲れそうに思うのは、気のせいだろうか、。

明日は、今回の入院などにかかる診断書を渡して、そのあと今後のことについて上司と話をする予定。
(経験者含め)誰に聞いても、「しっかり治療に専念したほうがいい」と言われるので、心の中では草しようと思っている。
おそらく、体調のいいときは在宅勤務ならできるんだろうと思う。
でも、体調がわるく、ソレもできないと思ったら、少なくともその旨を連絡せねばならない、と言うことだけでも十分負担になると思う。
そういうのを排除して、予定通りの期間で治療をやりきると言うのは正解だと思う。

その方向で、と言うのは先に上司には伝えてあるので、昨日今日の仕事の指示としては
「6月以降のことも視野にいれて、現状引き継ぎきれていないもの(休む期間に発生しないと想定してた仕事など)を棚卸しすること」
だった。
自分の感覚として、だが、治療後に職場にもどっても、今と同じ仕事をすることjは無いように思う。
でも、これまでずっとこの仕事をしてきたわけだし、ここで一度リセットして新しい仕事に就くと言うのもいいなあと思っている。

月曜日の診察で、病理の結果が出ていた。
切除した部分については癌は見つからなかった。断端陽性ではあったが、前回の部分切除でちゃんと録りきれていたということ。
ただし、「広範囲に乳腺症の所見」ということで、乳腺症と癌との関連性は無いとも本などで読んだが、脈管侵襲3+と考え合わせると、全摘して正解だったと思う。

コブになっていた左腋も排液を抜いてもらえた。しかし、先生が思っていたほどもたまっていなかったらしい。20ccくらいに見えたが、やっぱりちょっとにごっていた。
「ちょっと感染してるかなあ」ということで、抗生剤が処方された。クラビット3日分。
「で、先生。次の治療はいつからでしょう」と聞いてみたら、
「次の診察で良い経過だったら、その週からでもいいけど」とか仰る。
いやいや、仕事の段取りもあるので・・・ということで、恐らく6月の1週目となると思う。
初回の投与は1泊2日で。その後は通院にて。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/23 Wed. 21:04 [edit]

category: 5)二度目の手術後からTCまで

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 2

23

2012年5月15日 入院7日目・退院 

5日目だった母の日の日曜日、クラブ帰りの息子Mが寄ってくれたが、洗濯物を渡したらさっさと帰っていった。
笑える。

日曜に入院した3名の方々は月曜日(入院6日目)に手術、看護師さんもバタバタ。
そんな中、超巨大個室住人のわたしは、まったりと髪をあらったり、銀行にお金を下ろしに行ったり。
まるで優雅な休日状態。
こんなことをしていられるのも今日が最後、って感じで。(火曜は10時に退院だから)

朝の回診でドレーンが抜け、「は~。すっきりしたー」と開放感を味わう。
そんなに気にしないでいいとは分かっていても、やっぱり横からドレーンが出ているのと無いのとではすごし心地が違うし。

やっぱり退院日は天気が悪いことがわかったので、トートバックひとつで帰宅できるように、荷物の大半を取りに来てもらった。
助かった。
とはいえ、退院するときにはほんの小雨と言う感じで、帰り道にパンを買ったり(お昼用)とか言うこともできた。
帰宅したら、男ふたり家庭だったくせにきれいに片付いていて助かった。

そうそう。
日曜夜には、看護師さんに今後の治療の話をしてもらった。
退院指導はいちどうけているので、そのかわりに、ということで。
TC治療の資料も貰った。
どの本を見ても、余り詳しく書いてなかったりするので、どの薬剤にどのくらいの時間がかかるのかとかそういうことが書いてあってとても参考になった。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/22 Tue. 18:37 [edit]

category: 4)二度目の手術

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

22

2012年5月13日 入院5日目・ホットケーキ画像きたる 

久しぶりに4時間もおしゃべりしまくったのに、やっぱり昨夜も眠剤のお世話に。
まあ、9時消灯って、早いし仕方ないか。(当然、ふつーに9時には寝てないけど)

おおそうだ、今日は母の日だ、と思い、実家の母に「忙しくて行けないけど母の日だ」とメール。
この場合、忘れてないよと言う連絡が必須(笑)

そうこうしていたら、珍しく(遠くにいるくせに本当に連絡してこない)娘から画像メールが来た。

母の日パンケーキ

当然?、本文なしでしたが(笑)、ありがとう娘よ。
君が一人でちゃんと自炊して生きていることが、母の誇りです。(仕送りはしてるけど)
でも、なんか、「いつも(送金)ありがとう」に見えてしまったのは私だけ???
というか、離れることによって、ちょっとでもありがたいって思ってくれてたのだなと、遠くの大学を選択したことをよかったと思えた。
ちなみに。
後で聞くと、この生クリームのように見える白いのは「ヨーグルト」で、食べたら「ビミョーな味」だったらしい。
メール送ってきたときは「食べたい!」と思ったが、今は目の前に実物が差し出されなくてよかったかもとか思う。
すまない、娘。
(本物くれるときは生クリームにしてください)


排液は劇的に少なくなってきている。
土曜日:60cc
日曜日:30cc

朝の回診時に、「ドレーンは予定通り明日抜こう」と先生が言われる。
退院も火曜日に確定したが、雨予報。どうか豪雨ではありませんように。

午前、今回の手術友Mさんが退院。4人部屋は私の巨大個室となった。
午後、月曜手術の3名の方々が入院。夕食が一緒になったのだが、超固い雰囲気で声をかけるどころではなかった。
(話しかけるなオーラが全開)
あとで看護師さんと話をしていたのだが、やっぱり手術日ごとにカラーが違うらしい。
たとえば、ムードメーカーがいるとか、長期に通院していてそもそもなれている人がいるとか。
今回の3名の方々は、術前にあまり通院が長くなかったり、ご家族に悲壮感が表れていたり・・・(一族で入院に付き添いとか)だったらしい。
いろいろあるもんだな~、と一人で入退院をする私は思ったのであった。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/20 Sun. 19:16 [edit]

category: 4)二度目の手術

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

20

2012年5月12日 入院4日目・乳がん友の来訪 

麻酔あけからのしんどさから開放されたら、傷の痛みもなく、
部分切除後に感じていた【胸の中のほうが時々チクっと痛む】(神経の痛み?)もなく、
わたし、これでいいのか?と思うほど楽に過ごすことができていました。

そして、この日は土曜日。
前回の手術友が尋ねてくれると連絡があった日。元気な姿を見せることができました。
時間通りに尋ねてくれた2人、思いがけず来てくれた1人(遠くからだったので本当にびっくり)と4人、
かしましく喋りまくりました。
4時間ほども!!!
ひと月半ぶりでもあるし、話はとどまることを知りません。

この3人、放射線治療の真っ最中で、身体に描かれたマークを見せ合ったりと、こんなところでないと
出来ない話に爆笑の連続でした。
N市のN病院では、取れにくいキラキラしたマーク+まるでTATOOのようなカワイイシールでマーキング。
K市の医療センターは、まさに『マジックで書きました!』みたいに太く黒々とした線。
同じくK市のM病院は、細く消えか毛てるみたいに見える線。(実際、細い筆で書くらしい)
また、N病院では放射線の台に「マイシート」を敷くらしい。他のところは「普通のタオル」らしく、
そんなところにも違いがあって本当に面白かった。

今後の治療は、抗がん剤、ホルモン、これで終了、とさまざまだけど、ずっと仲良くしていければいいなと思った。
たまたま同時期に入院・手術したって言うだけだけど、いろんなことを話せる仲間になってると思う。
将来、みんなで温泉に湯治にでも行って、 【どや顔】 で露天風呂に入りたいな。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/19 Sat. 20:46 [edit]

category: 4)二度目の手術

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 2

19

2012年5月18日 退院後1~3日目 補正下着とコブとりじいさん 

2度目の入院と手術のことを振り返っていたけれど、退院後から今日までのことを。

火曜日に退院したので、今日は金曜日、退院後3日目。
退院日は家に帰って、きっとたまっているであろう会社のメールチェックをした。
結構座っている時間は多かったと思う。
「家に戻ってきたし、きっと疲れているだろうし」と安易に考えて、眠剤を飲まずに寝たら、
夜中は1時間おきに起きるわ、朝は4時に目覚めてしまいその後寝られないわで、散々な目に。
おかげで、というか、案の定、術側が痛くなってしまった。
横になっても体を動かす度に痛いような気がするし、これが正常なのかそうでないのかも分からなくなり
受付時間と同時にクリニックに電話した。
看護師さんから先生に聞いてもらって、「様子を見ましょう」ということになって今日に至る。
術側の脇のした(わき腹の上?)あたりに、こぶとりじいさんのコブみたいなのが出来てる。
恐らく中身は排液。しかし、たぷんたぷんとはしていない。
熱は37度7分(舌下)。8度越えたら押しかけようとおもったが、そんなには上がらない。

水曜日は午後イチに補正下着の予約を入れていたので外出したけど、そのときの係りの方にも
「腫れてますね」と言われたので、腫れていることには違いない。
で、その時よりも大きくなっているので、コブは成長していること間違いなし。

いまの心配は、この週末どうするかと言うこと。
明日電話してみて受診するか、それとも予約の入れてある月曜日まで待つか。
気分的には待ってもいいけど、待っていていいのかってところは正直なところわからない。
コブはほんのり赤い。っていうか、赤黒い?硬くはない。
水曜日以来37度前後をうろうろだけれど、明日朝に発熱してたら、受診することにしよう。

で、補正下着ですが、ちょっとお高めのシリコン製のを買ってしまった。
そもそも肩こりから頭痛とか、ぎっくり腰(ヘルニアもあり)とかだったりすので、
片方切った体のアンバランスというのは目を瞑れないなと思った。
ちゃんとサイズは合わせてもらったんだけど、つけてみると巨乳になったような気がする。
フルカップだからか?(ちなみに今までは3/4カップ愛好者)
つけているとそれが気になって仕方がない。(が、鏡に映った姿を見るとそうでもない)

まあでも、いまはコブとりじいさんなのでコブを圧迫するわけにもいかず、せっかくのシリコンちゃんもかざってある。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/18 Fri. 18:09 [edit]

category: 5)二度目の手術後からTCまで

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

18

2012年5月11日 入院3日目 

朝の着替えのときに看護師さんにバストバンドを取ってもらい、ガーゼいちまいになっていたが、
回診で先生がガーゼも取られ、傷がデビュー。
今回は透明テープも貼られていなかった。(皮膚対策として)
そしてガン見。
あとから看護師さんに「いや~。しっかり見たはるわ~、と思った」と言われた。
別に傷跡が怖いとか思っていなかったし、見たときも「先生の言うとおりまっ平らになってるわ」と思った。
受け入れる、とかそういう難しいことではなく、なるほど、と言う感じ。

そして回診後も絶食タイム継続中。初めてのご飯はお昼ご飯だから。
髪をとかしたり、水を飲んでみたり、飲むゼリーを試してみたり。
午後に総室にお引越しなので、荷造りしたり。

そしてお昼。
夜中に胃液をもどしたこともあるし、(ゼリーは納まっていたが)気分悪くなく食事できる自信がなかったので
個室に持ち帰り食事。
ゆっくりと完食。

午後からは総室にお引越ししたが、4人定員のところ3人。うち同じ日に手術したのはふたり。
お互いの状況を話しつつ、しずかにすごす。

晩御飯は個室のままの1人を含んで4人で食堂で。

血圧ちょっと高め、上が130ほど。熱は37度当たりをうろうろ。
排液は術後1日合計で90cc

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/17 Thu. 17:30 [edit]

category: 4)二度目の手術

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

17

2012年5月10日 入院2日目・手術日 

前回は1つ目だったが今回は3つ目。
ゆえに午後。予定では15時半オペ室入りらしい。
何が心配ってこういう場合、前日夕食以来の絶食状態。夜中からは絶飲も始まって、「ひからびますけど」状態に。
頭の中は「おなかすいたらどうしよう」ばかり。

早く目が覚めたので、朝の回診のあとシャワーと洗髪、手術着におきがえ。
9時、前日麻酔科の先生との約束どおりロキソニンを少量の水で飲んだ。これで覚醒時の偏頭痛はOKだろう。
(しかしよく考えてみると、薬は切れてるよね)
10時生食点滴開始。今回は手首の上。暇なので、ゴロゴロゴロゴロ点滴を転がしながらあちこちを徘徊。
(外来待合にまで手術着のまま雑誌を取りに行ったりして)
11時すぎ、隣室が騒がしくなった。きっと1つ目終了で戻って来られたに違いない。
(時間通りだなあ)
11時半すぎ、前回手術時の友達Mさんが放射線治療の帰り道にお見舞いくださる。
爆笑し時を忘れて話が弾む。
12時、食堂からの良い香り(=昼食)を鼻だけで味わう。
雑誌よみまくり。
13時40分、急に術衣の先生が部屋に顔を出され、「14時10分からはじめるから。あと30分後だけど、大丈夫?」
「えらくはやいですね~」と会話し、関係各所(笑)にメールする。
14時、看護師さんが来られる。「あれ?まだ10分あるか」と言って手術時のピンク色のハットを「かぶっといてね」と言って戻られる。
14時10分、まだかな~と部屋から顔を出していると迎えに来られた。

手術室へ。
入ると見慣れた看護師さんが目の前に、先生もニコニコしながらこっちを見てられたので「よろしくお願いします」と言い、手術台へ。
心電図を左腋に2箇所つけられたので、ついつい「わー心電図って心臓のうえにつけるもんだと思ってました」というと、
「ここでもちゃんと取れるんですよ」と返事。
2回目ともなるとかなり余裕で手術室をグルグル見回す。
酸素マスクをあてながら麻酔医先生がぬ~っと頭頂側から顔をだし、ピリピリしますよ~と前回と同じ言葉を仰った。
ハイハイ知ってますよ来た来た、と思っていると「ピリピリしますか?」と尋ねられ、あ、言わなくちゃいけなかったかと気づく。
はい、来てます、と答えて5つ数えるかどうかぐらいで寝てしまった。

気がつくと夕方。
あたまもとのいすに座っている旦那がスマホを触っている。
あ~なんだかむかつく。胸悪い。と思いながらまた寝る。
次に目が覚めて時間を聞くと19時。「もうそろそろ帰って晩御飯をしてやって」と言うと「今回は楽そうやな」と言われる。
確かに頭痛はしていない。
でも胸悪い。
その後何回か看護師さんの様子見時に目が冷めるが、完全には起きたという感じはしない。うがいを少量の水で行う。酸素の管をはずしてもらう。
21時、胸悪いのがMAXに。思わずナースコール。
お豆の器に胃液+唾液(らしい)を吐く。量にしてお豆の器半分くらい(かなり大量と思われる)
これが胸悪いの原因か、と思うほど楽になったが、吐き気止めの座薬も入れてもらう。

3時。目覚める。ちょっとごそごそ体の位置を変えてみる。
4時、看護師さん登場。点滴はずし、導尿カテーテルはずし、血圧計はずし、バストバンドはずし。
パジャマに着替える。生きたここちがした。
しかし今回はバストバンドで苦しい、と言う感覚はなかった。それだけ爆睡していたってことか。

とりあえず、終わった。
麻酔の胸悪いも終わったし、ひと段落ついた。
お腹はすいていなかった。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/16 Wed. 18:32 [edit]

category: 4)二度目の手術

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

16

2012年5月9日 入院1日目 

入院中、iPhoneからの書き込みが面倒くさく(爆)すっかり停滞していたので、
だんだんと書いていきます。

入院日の5月9日は、14時にクリニックへ。
二度目なので手続きや手順もわかり(しなくていい学習とも言う・・・)、前回と同じ個室へ入った。
同じと言うところがちょっと嬉しかったりする。

お部屋の整理が終わったところに先生が来られ、今回の手術の説明。
やはり、せっかく部分でいけると思ったのにね、と残念な様子は否めない。私も深く同感するけど、
先生も私も本当によく考えて出した結果なので、ここは、まな板の上の鯉になろうということで。
手術時間は約1時間、麻酔や術後のX線を含めると病室に戻ってくるまでは2時間と言うところらしい。
「何か聞いておきたいことはある?」と尋ねられ、一度聞いてみたかった「Ki67」のことを質問。
先生、わーそんなことまで調べてた?と言いつつ、説明をしてくださる。
 Ki67では細胞増殖度が分かる、ただ、保険適用外になる。
 確立した指標がいまのところなく、検査者によって値が上下することも否めない。
 私の場合、脈管侵襲が3+なので、今後の治療の目安と言う意味では調べた結果に左右されない。
ということだった。

先生が去られてから、明日からの絶食に備えて(50時間ほども食事なしになるので)近くのコンビニに
ケーキを買いに(笑)。
あ、飲むゼリーも買ったけど。
あと、東野圭吾の小説と。

お部屋には前回と同じくラベンダーを香らせ、ハーブティーを飲んで、リラックスに努めているうちに夕食。
同じ日に手術となるふたりの方と最後の晩餐(爆)をしました。

看護師さんたちも「また手術になるなんてなあ・・・」と言われたりと、思いも複雑な夜でした。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/15 Tue. 13:13 [edit]

category: 4)二度目の手術

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 2

15

2012年5月9日 行ってまいります 

ちょっと心配な空模様ですが、行って参ります。

ちょっと愚痴らせてください。
一人で入院し、一人で退院してきます。
それはいいけど、朝「今日から入院だよね」の一言くらい欲しかった。
なんかすごく、かわいそうな気がします。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/09 Wed. 10:56 [edit]

category: 4)二度目の手術

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 4

09

2012年5月7日 つい涙が流れた 

今日はGWあけの初出勤日。
そして、再手術前のラスト2日。

いつもどおりフレックスで1時間早く出社して、仕事をして、そして早めに退社して。
帰り道。
なんだか何もかも失ったような気がした。
実際にはそんなことは何もないんだけれど、
よく考えてみたら、乳がんの診断が確定してから今までずーっと走り続けてて、
所謂「ちゃんと泣く」ということをしてなかった。
元々、そんなに泣くほうではないのだが、本当なら、こういう状況なら、
誰か知った人と泣いたりするもんなんだろうと思う。

主治医も誰もそんなことは言ってないのだが、
片胸がもうすぐなくなって、もしかしたら来年の桜は見れないのかもしれないとか、
(ちなみに、そんなに進行はしていないとおもう)
3年後の息子の卒業式には出れるのだろうかとか、4年後に社会人になる娘の姿は見れるのだろうかとか
連絡してくれる友達もいなくなってしまったとか(殆どの友達に話してないから連絡なくて当たり前)、
元気にしているのは疲れただとか、
勝手にグルグル妄想しまくって、ずどーんと落ち込んでしまった。

帰り道、駅から家までの道、うつむいて涙をぽたぽた落としながら歩いた。
髪、まだ切ってなくてよかった。


暗くなってきた。
もうすぐみんな帰ってくる。晩御飯の準備をしなくちゃ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/07 Mon. 18:55 [edit]

category: 3)再手術まで

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 1    CM: 2

07

2012年5月6日 お風呂だいすき 

2日からYが帰省してきていたけど、実家以外にどこへも連れて行っていなかったので、
最終日となる5日の夜にスーパー銭湯に行ってきた。
話を聞くと、Yの住む町では銭湯を見かけないらしく(大学の近くの住宅街に住んでいるからか?)、
大きいお風呂は久しぶりらしい。
一人暮らしともなると、どうしてもシャワーで済ましてしまうだろうしね。

というわけで、スーパー銭湯に行ってきました。
つい半月前には有馬に行ったばかりだけど、本当に嬉しい。
さらに、有馬と同じように赤茶色のお湯と透明の炭酸泉があって、満喫しました。
露天風呂も広かったし。

でも、やっぱり誰も見てないと分かっていながら、胸の傷が気になるし、
全摘してなくてもきになるんだから、やっぱり手術後は気になるだろうなあとか、思った。
しかし、巧みに隠す技を練習したりとか、そういうこともしてみた。
そこまでしてお風呂に行かなくても、とかも思うが。

そして今朝、Yは戻っていった。
いいなあ、学生。
一旗あげるまで、戻ってこなくていいからね(爆)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/06 Sun. 15:32 [edit]

category: ちょっと息抜き

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 1    CM: 0

06

2012年5月4日 今日は休養日 

バタバタしているGWも後半になりました。
外出もスケジュールどおり行けて大満足です。
一つ違うことと言えば、本当だと今日行くはずの実家詣でが昨夜になったくらいかな。
おかげで今日はフリーです。

5月1日。遠出をしました。
久しぶりに行った横浜は、ン十年前とは全然違っていてびっくり。
ふらふらと散策しながら季節の景色を満喫しました。



横浜公園チューリップ

みなとみらいこいのぼり

パンケーキ


ランドマークタワーのてっぺんで食事したり(くらくらするほどの眺望!!!)、赤レンガ倉庫あたりを見て回ったり(なぜか写真なしww)、ラーメン博物館でタイムスリップしたり、本当に本当に満喫しました。

さぁて!リフレッシュもしたし、あと2日出勤とその後の手術、がんばるぞ~、と言う感じです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/04 Fri. 11:14 [edit]

category: ちょっと息抜き

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。