04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

2012年5月10日 入院2日目・手術日 

前回は1つ目だったが今回は3つ目。
ゆえに午後。予定では15時半オペ室入りらしい。
何が心配ってこういう場合、前日夕食以来の絶食状態。夜中からは絶飲も始まって、「ひからびますけど」状態に。
頭の中は「おなかすいたらどうしよう」ばかり。

早く目が覚めたので、朝の回診のあとシャワーと洗髪、手術着におきがえ。
9時、前日麻酔科の先生との約束どおりロキソニンを少量の水で飲んだ。これで覚醒時の偏頭痛はOKだろう。
(しかしよく考えてみると、薬は切れてるよね)
10時生食点滴開始。今回は手首の上。暇なので、ゴロゴロゴロゴロ点滴を転がしながらあちこちを徘徊。
(外来待合にまで手術着のまま雑誌を取りに行ったりして)
11時すぎ、隣室が騒がしくなった。きっと1つ目終了で戻って来られたに違いない。
(時間通りだなあ)
11時半すぎ、前回手術時の友達Mさんが放射線治療の帰り道にお見舞いくださる。
爆笑し時を忘れて話が弾む。
12時、食堂からの良い香り(=昼食)を鼻だけで味わう。
雑誌よみまくり。
13時40分、急に術衣の先生が部屋に顔を出され、「14時10分からはじめるから。あと30分後だけど、大丈夫?」
「えらくはやいですね~」と会話し、関係各所(笑)にメールする。
14時、看護師さんが来られる。「あれ?まだ10分あるか」と言って手術時のピンク色のハットを「かぶっといてね」と言って戻られる。
14時10分、まだかな~と部屋から顔を出していると迎えに来られた。

手術室へ。
入ると見慣れた看護師さんが目の前に、先生もニコニコしながらこっちを見てられたので「よろしくお願いします」と言い、手術台へ。
心電図を左腋に2箇所つけられたので、ついつい「わー心電図って心臓のうえにつけるもんだと思ってました」というと、
「ここでもちゃんと取れるんですよ」と返事。
2回目ともなるとかなり余裕で手術室をグルグル見回す。
酸素マスクをあてながら麻酔医先生がぬ~っと頭頂側から顔をだし、ピリピリしますよ~と前回と同じ言葉を仰った。
ハイハイ知ってますよ来た来た、と思っていると「ピリピリしますか?」と尋ねられ、あ、言わなくちゃいけなかったかと気づく。
はい、来てます、と答えて5つ数えるかどうかぐらいで寝てしまった。

気がつくと夕方。
あたまもとのいすに座っている旦那がスマホを触っている。
あ~なんだかむかつく。胸悪い。と思いながらまた寝る。
次に目が覚めて時間を聞くと19時。「もうそろそろ帰って晩御飯をしてやって」と言うと「今回は楽そうやな」と言われる。
確かに頭痛はしていない。
でも胸悪い。
その後何回か看護師さんの様子見時に目が冷めるが、完全には起きたという感じはしない。うがいを少量の水で行う。酸素の管をはずしてもらう。
21時、胸悪いのがMAXに。思わずナースコール。
お豆の器に胃液+唾液(らしい)を吐く。量にしてお豆の器半分くらい(かなり大量と思われる)
これが胸悪いの原因か、と思うほど楽になったが、吐き気止めの座薬も入れてもらう。

3時。目覚める。ちょっとごそごそ体の位置を変えてみる。
4時、看護師さん登場。点滴はずし、導尿カテーテルはずし、血圧計はずし、バストバンドはずし。
パジャマに着替える。生きたここちがした。
しかし今回はバストバンドで苦しい、と言う感覚はなかった。それだけ爆睡していたってことか。

とりあえず、終わった。
麻酔の胸悪いも終わったし、ひと段落ついた。
お腹はすいていなかった。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/05/16 Wed. 18:32 [edit]

category: 4)二度目の手術

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。