07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

野水先生への質問控え 

★ 部分切除後の全切除と補助療法としての抗がん剤治療について / れん ♀ [近畿] 引用
お世話になります。
妹が4年前に浸潤性乳癌で右乳房の全切除をしております。(腫瘍がほぼ乳頭とかぶっていたためです)
私は、浸潤性乳菅癌で本年3月に左A部分を部分切除をしました。
術中迅速でセンチネルリンパ節2つのうち1つに転移があったため、郭清を行いました(4本)。郭清したリンパはすべて陰性でした。
腫瘍は乳頭側に娘結節を伴う硬癌でした。サイズは約2.2cm、2つの合計の大きさと思います。
ER:+、PR:+、HER2:1+、Ki67の値はわかりません。
病理の診断では、WHO Grade2,pT2,f,n(-,0/4)とありました。
また、病理の所見では
intraductal component(+)
modified Bloom Richardson Grading;
Tubular formation:3, Mitoses score:1,Nuclear grade score:3 Total score=7 Tumor Grade2
ly or v:3+
で、主治医は、脈管侵襲が3+であることから、抗がん剤の治療(TCを3週ごと4回)を追加と言う判断をしています。

また、切除部分のもっとも乳頭に近い部分に非浸潤癌が見つかりました。
この部分の所見は、
nuclear grade2, cribriform type, necrosis(-)
とのことですが、脈管侵襲の事と考え合わせて処置しないといけないとのことです。

本来なら、放射線治療を5回追加し、30回60グレイとするところなのですが、皮膚の持病(家族性良性慢性天疱瘡)を持っており、皮膚科主治医からは照射量に関わらず大きなダメージを受けるであろうと助言を頂いています。
そこで、今のところ、再手術で全摘して放射線治療を回避し、そのあとにTC、ホルモン治療をしようとしています。

この場合、気になっているのが、
・核グレードが3、分裂スコア1というところ
 タチはわるいが、増殖スピードは速くないということ?
・抗がん剤というのは増殖しているところに作用するときいたことがあるので、増殖スピードが速くないのであればTCはオーバートリートメントになるのだろうか。
・端に見つかった非浸潤性のものは、乳房のほかのところにも飛び火するようなタイプなのだろうか。

勿論、皮膚病を考慮しての全摘選択なので、その是非を迷っているわけではありませんが、上記の3点について自分でも理解が出来きっていないところがあり、先生のご意見をお伺いしたく思います。
お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
No.4090 - 2012/04/19(Thu) 21:12:46
☆ Re: 部分切除後の全切除と補助療法としての抗がん剤治療について / れん 引用
年齢を書き忘れていました。47歳、閉経前です。
よろしくお願いします。
No.4093 - 2012/04/19(Thu) 22:31:24
☆ Re: 部分切除後の全切除と補助療法としての抗がん剤治療について / 野水です。 引用
端に非浸潤癌が見つかったということは、断端陽性かぎりぎりと
いうことですね。
局所再発のリスクは当然です。

皮膚病変、乳がん家族歴、脈管侵襲を考慮すれば当然、全摘です。

核分裂スコアが1ということに関して:
見えているところで1というのであって、見えてないところ
(標本になっていないところ)は2かもしれません。
2となると組織学的悪性度が3になりますね。
やはりこれからでも遅くはないのでKi-67を調べてもらった方が
よいと思いますが、TC化療は妥当だと思います。
No.4098 - 2012/04/20(Fri) 19:32:46
☆ Re: 部分切除後の全切除と補助療法としての抗がん剤治療について / れん 引用
野水先生
お忙しいところ丁寧なご回答を頂きありがとうございます。
核分裂スコアについて、すっきりしました。
なるほど、標本になっていない部分については、わかりませんよね。
Ki-67については、調べてもらうようにしようと思います。
本日、再手術の日程などを決めて来ましたが、野水先生のお言葉をいただき、
自信をもって治療に取り組む気持ちが強くなりました。
ありがとうございました。
No.4099 - 2012/04/20(Fri) 20:49:33
スポンサーサイト

Posted on 2013/08/17 Sat. 00:39 [edit]

category: 3)再手術まで

TB: 0    CM: 0

17

このところのおぼえがき 

このところ・・・と言うには間隔があきすぎてかなり昔からのことになりそうですが、
術後1年検診(3月)以降のことを書きとめておこうと思います。

●4月
 ・九州旅行(高千穂など)
 ・乳房製作1回目
 ・忙しさからか、両手首を中心に20cmほどが湿疹でぐちゃぐちゃな状態に。
  (8月時点でようやく軽快)
 ・三角筋をいため、腕があがらなくなる
 ・ヘナとストレートパーマをかける

●5月
 ・つきはじめに神戸へ:神戸港クルーズと北野ホテルランチ
 ・脱ヅラ
 ・月末に東京へ:平井堅ライブ、東京ディズニーシー
 ・東京行きの直前に美容院で施術した「ヘナ」で顔がかぶれた
  ヘナ自体は3度目で、大丈夫だと思っていたのに。
  症状としては、顔が全体的に赤くはれ上がり、生え際は皮がめくれ、目も開かない状態に。
  主治医の「植物触らなかった?」「ヘアカラーしなかった?」という2つの質問でヘナと判明。
  因みに、一番酷くなったのは施術から1週間ほど経ってから。アレルギーって直ぐに出ないこともあるのね。
 ・乳房製作講習2回目

●6月
 ・ヘナかぶれの後遺症で体調悪し
 ・つきはじめ、ひどい膀胱炎に
 ・1年3ヶ月検診:骨シンチと触診。異常なし。
 ・乳房製作3回目

●7月
 ・恒例のうなぎを食べに浜名湖へ
 ・娘の住む松江に様子見(玉造温泉に入りたいのが主眼との噂も)
 ・乳房製作4回目
 ・左股関節炎になり、立てなくなる(ひどかったのに、通院したら直ぐに治った)

●8月
 ・術側胸から脇、そのままぐるっと後ろの背骨までの範囲が赤くはれ上がり、蜂か織炎と診断される。
  (腕じゃなくてよかった)
  約1週間抗生剤をのんだが、3日目くらいから腫れが治まった。
  38度ほどの発熱が続いたため、この期間はずっとロキソニンも服用。
  座っていられないほどの身体のだるさ、痛みで、どうしようかと思った。

Posted on 2013/08/15 Thu. 16:07 [edit]

category: 11) 術後1年~

TB: 0    CM: 0

15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。