03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

試し出社 

昨日、試し出社をしてきました。

通勤ラッシュ時間をちょっとはずして、9時半ごろに到着するように出かけました。
2つの電車を乗り継ぎますが、通勤時間の半分は歩いている時間なので、特に会社最寄り駅から会社までの間が日陰も無く暑いので、そこのところの確認がメインです。
おかげさまで、今までと同じ位の時間で通勤できることがわかりました。
予定通り、10月1日復帰です。

オフィスに入ったとたん「元気そうやん!」と言われ、ホッとしました。
会社の状況も悪いので、もっと暗い雰囲気を想像していたのですが。
経営状態に合わせてメンバーも異動していったりと人数も減っていて、ふたりの上司は「居てくれたらどんどん仕事お願いしちゃうとおもう」状態らしい。
ありがたい・・・と言うか、いやいやそれってちょっと困る・・・というか。
冗談交じりですが、「わたし、ちょっと仕様変更があって、前みたいにガツガツ仕事無理ですから」といっておきました。

翻って。
家のほうはまだまだ準備が出来ません。
準備って、夫への動機付け・・・ですが。
6月からの4ヶ月間私が家に居たので、共働きなら当然としてこれまで行ってきた買い物の分担や食事の準備(作ることまでは要求していないけれど、ダイニング机の準備とか)、お風呂洗い、ゴミだし、などを全くしなくなってしまいました。
どうやら、自分は仕事に行っているので、しなくていいと思っているようです。

先日、帰省していて娘が息子とふたりで遊びに行った日、夫に思い切って言って見ました。
「私は今回病気をして、これからの治療は勿論のこと、やりたいと思ったことはやっておきたい」と。
すると、
「まあ、やりたいことをするのは、息子が大学卒業するか、定年退職したあとでいいじゃない」といいます。
息子は今、高校一年生。
大学卒業となると最短で約7年先。理系志望なので院に進むなら9年先になるでしょう。
「いやいや。私にはそんな時間がないかもしれない」と、生存率の話もしました。
もちろん、ちゃんと見届けるつもりで治療もするわけだし、抗がん剤治療もしたけれど今現在完治したわけではないし、再発もしくは健側での発生を防ぐための努力はしつつ、自分の生活を充実させたい。
そう話をしましたが、返事がなくなりました。
聞いていないのか、聞いているが耳を素通りしたか。
もしかしたら、聞きたくないから話すなと言う意思表示なのか。

身近なひとから「男性は思っているより小心者だから、自分の嫌なことは聞こえないし、聞く気もないよ」といわれたことがあります。
まさに、と言う感じです。
二度目の手術から目が覚めたとき、頭痛は無かったものの酷い吐き気で苦しんでいたとき、「一度目よりも楽そうやな」と言った主人。

まあ、仕方ないかなと思います。
ここまで来たら、出来ないことは出来ない、したくないことはしない、と言うのを徹底しようとおもいます。
(勿論、自分の身体を守るまでに・・・ですが)
それで夫が不自由することがあれば我慢してもらうし、我慢できないのであれば自分でやってもらいます。

あ~。なんかめちゃくちゃな文章になったな。
何日も経ったというのに、まだちょっと夫への怒り(?)がおさまっていないので、お許し下さい。
早くすっかり諦められたら楽なのに、と思います。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/09/27 Thu. 08:46 [edit]

category: 7)ホルモン療法

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 2

27

コメント

復帰に向けて 

会社での一言
>「わたし、ちょっと仕様変更があって、前みたいにガツガツ仕事無理ですから」
私も、使っていいですか。

復帰に向けて、周りの環境を整えるのって大事ですよね。
私も、今、家事をほとんどやっていて、
復帰したら、こうはいかないからと思いつつ、
ちょっと息子に愚痴をこぼしてしまいました。
息子(大学4年)は、ホワイトボードに線を引き
お手伝い表を作ってくれました。
曜日と朝・昼・晩に分けられていて、
名前はこれからです。
なんだか、笑ってしまいました。
「おかん、今は家事代行サービスだってあるんだからね。」
なんて、生意気なことも言ってました。
まあ、気持ちだけ受け取っておくことに。
肝心の夫の知らんぷりにどう対抗するか、
作戦を練らなくては。
がんばりましょうね!



URL | あいちゃん #- | 2012/09/28 07:01 | edit

★あいちゃんさん 

こんにちは、あいちゃんさん。
コメントありがとうございます。

会社での一言、どうぞどうぞお使いください(笑)

息子さん、心強いですね。
男の子ってこういうときに結構優しいですよね。

夫は風呂の栓を抜くくらいしか家事をしませんし、ほんと、会社の環境より課程の環境づくりのほうが大変だと実感です。
あいちゃんさんは義父母さまとご同居ですから、さらに言いたいことも我慢されていることでしょう。
ここは、息子さんにひと肌ぬいでもらいますか?
わたしも最後は娘か息子に一言言ってもらうかなあ、って思ってます。

URL | めれんげ #- | 2012/09/28 16:17 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://meren2012.blog.fc2.com/tb.php/150-6a37218e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。