09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

2012年2月28日① 生検結果+術前検査 

18時から術前検査。

・身長、体重測定、血圧測定

・胸部レントゲン

・心電図

・呼吸機能検査(全身麻酔のため)

診察。

19時予約だったが、18時半過ぎに呼ばれた。

HRS、YRも同席、先生から病状の説明。

マンモトーム生検の結果は良性であったため、部分切除にする。

術中にリンパを3箇所採取し、府立医大で転移の有無を検査する。(センチネルリンパ節生検)

有の場合、リンパ節郭清を行う。

腫瘍は2cm+1cmだが、両脇1.5cmずつを切除する形で、扇型にゴロンと取る。

その後、その部分(穴の開いたような状態のところ)に周りの組織を寄せてくる感じで整形し縫合する。

合併症としては

1.出血:大きな血管がある場所ではないので大量出血はない。術後にじわじわ出る感じ。

2.傷の化膿、やけど:切除後の整形で組織と表皮をレーザーメスで切り離す際にやけどが生じる恐れ有。

3.心臓、肺、脳の発作:めったにない、また、これまでの検査から考えてそのリスクは少ない。

4.取り残し:腫瘍周りを大きく切除するので可能性は少ないが、腫瘍から枝がたくさん出ている場合は小さな取り残しは出てくる可能性がある。断面の検査でそれが見つかった場合、小さなものであれば放射線治療を30回に増やすなどで対応(通常は25回)。万が一大きな取り残しがあった場合、再手術する場合もある。ただし、今回の腫瘍は形がきれいなので取り残しなく出来ると考えている。

5.リンパ節に転移があった場合:リンパ節郭清を行う。さらに放射線治療の前に抗がん剤による治療を追加する。放射線治療のあと、ホルモン剤治療することは変わりない。

思惑通りの手術となった場合、術後の治療は、約1ヵ月後に放射線治療から開始。

月~金:照射、土日:やすみ というのを5回続ける。合計5週間、25回。

そのあとにホルモン剤治療が開始となる。

入院と手術について。

3月21日午後入院。

3月22日9時30分手術室へ、全身麻酔(1番目の手術)

10時ごろ 手術開始

11時30分ごろ 手術終了、麻酔をさます

12時ごろ 病棟へ。夕方には歩行可能、夕食可能。

退院は3月27日予定。月内いっぱいは仕事に出かけず療養というかんじ、とのこと。

会社提出用の診断書を書いてもらった(1500円)。
スポンサーサイト

Posted on 2012/02/28 Tue. 11:09 [edit]

category: 1)検査から入院まで

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://meren2012.blog.fc2.com/tb.php/36-469bbdcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。