07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

2012年2月4日 検査結果説明 

9時の予約だったので10分前に到着。

既に何人かの姿が見え、診察番号は5番。

検査の方なども居られたので、実際に院長先生の診察室に呼ばれたのは3番目。

院長先生も短髪。そして明るく物腰やわらか。

まず、S先生はどのように言っておられた?と聞かれ、

「MRIと超音波の画像の段階で『これは乳癌や』と言われました」というと、

「わー。そんなにはっきり言ったんか~」と。

「塊が放射状に周りの組織を引き込んでいるから、と言われました」というと、

「そうそう。典型的な形ね」と言われた。

そして、検査結果の説明。

説明をしながら、≪病状説明≫と書いたレポート用紙に図とキーワードを書いていかれる。

どうやらこれを診察後にもらえるようだ。ありがたい。

生検の結果は、「浸潤性乳菅癌」ステージは1。進行は遅めの局所転移の少ない良い顔つきのものらしい。

左Aの部位に16mmのしこり。ここから乳輪の方向に向かったところに娘結節がある。合計2つ。

浸潤性とは、乳菅のそとに癌の異形細胞が出てしまっている状態。

乳菅というのは乳頭では通常6つだが、枝分かれして房のようになっている。房の末端は小葉とよぶ。乳菅はホースのようになっていて、通常キレイに細胞は並んでいるが、異形細胞が発生した場合、まず乳菅内に増殖する。この状態が非浸潤性であり、検査でないとわからない(検査でも発見できない場合もあるそうだ)。

浸潤性と診断された場合、次の検査としては転移がないかどうかを調べる。

なぜならば癌が乳菅外に散っている状態になっているため、そこを流れるリンパや血液を介して全身に転移をしている場合があるから。乳癌は局所癌ではなく、全身の病と捕らえる。

乳癌の場合、転移する順序は、

・リンパ節

・骨

・肺、肝臓

の順になる。

検査には、造影剤を使ったCT(内臓)と、放射性同位体を使った骨シンチ(骨)を行う。

早い方がいいだろうということで、来週の火曜、7日の9時に予約を入れた。(10分前にいくこと)

放射性同位体は注入してから骨に回るまで約2時間かかるとのことで、その間にCTを撮るという段取り。

朝ごはんなど特に気をつけることはない。11時過ぎに終わる予定。

また、癌であるという検査結果を受けて、前回摂取した細胞は病理診断(エストロジェンレセプター/HER2タンパク)に出されていた。この病理診断で、どのような薬が効くタイプなのかが分かるらしい。

エストロジェンレセプター検査というのは、この癌が女性ホルモンによって増殖するものであるかどうかをしらべるもの。HER2タンパク検査とは、このタンパクによって増殖するタイプであるのかを調べる。

ホルモン治療薬が効くタイプであれば、まず手術を行う。

草でなければまず薬(ハーセプチン(分子標的治療薬))を使う。

大きさからして部分切除となると思うが、その場合放射線治療はセットで行う。部位がAであるため、きれいに切除でき違和感ない形になるだろうと言われる。

このあと、触診。

皮膚の件に触れられ、「家族性良性慢性天疱瘡」であることを言う。

治療薬はのんでいなくて塗り薬だけ、皮膚の薄いところに水泡が出来る症状であることを伝える。

院長いわく、一般的に天疱瘡には放射線治療をしないというのが通例になっている。これは、天疱瘡の場合放射線が毛細血管を痛めるため。家族性~の場合はそれに該当するのかどうか調べなければならない(今までの経験で、この病気を持つ人の治療は経験がないという意味)。勉強する、とのこと。

府立医大TKNK先生にかかっていることを言うと、相談するといわれた。

もし、放射線治療がNGの場合、全摘となる。

手術の場合、入院期間は約1週間。比較的短くしているとのこと。

また、会社上司へは、現状分かっている範囲で報告をしておくことを勧められたので、月曜日にKSWGさんに報告することとする。

次回の検査:2月6日9時、次回の診察(検査結果):2月10日16時。

診察後、看護師さんから書類を貰う。(あわせてMR診断書のコピーを頂いた)

・RI(骨シンチ)検査予約票・説明書

・CT検査予約票・説明書

・CT検査問診票

診察後、HRS、YK、Mにメール。

Mからはすぐに検査結果を尋ねるメールが来たので返信。

YKからは夜にステージ1であってよかったとのメールが来た。もし予定が大丈夫なら金曜に来てもらえないか打診。

HRSからはメールもなく、帰宅後も問いかけなし。
スポンサーサイト

Posted on 2012/02/04 Sat. 11:19 [edit]

category: 1)検査から入院まで

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

04

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://meren2012.blog.fc2.com/tb.php/43-61c3c86f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。