07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

2012年6月6日 TC1クール・3日目、がん家族のためのリーフレット 

色々見ていると、どうやら5日目くらいから色々と出始めるらしいので、それまでにしておきたいことをしておこうということで。

「テルマエロマエ」 ←なぜに。

見たかった(笑)、そして今日は水曜レディースデー。
これは行かなくちゃ、ということでアサイチの回(とはいえ11時過ぎから)に行って来た。
ま、面白かった。

映画が終わったら13時過ぎ。
お腹もすいたのでこれまた行けるうちにと最近お気に入りのカフェレストランへGO。
グラタンが美味しくて食べたかったから。
ちなみに今日のグラタンは「茄子とベーコン」でした。

美味しかった。
が、大雑把な味しかしないんですけど・・・。これって味覚障害?
食べ進めるうちに口の中は苦くなってくるし・・・。
時々フランスパンと水を入れると戻ってくるので、そうではないのか。わからない。
バターは美味しかった。
デザートのタルトタタンも美味しかった。
甘いものは大丈夫。
すっぱいものはちょっと過敏に感じる気がする。

昨夜息子に、
「そろそろハゲると思うんだよね。家の中では帽子被った方がいいかな。それとも被らなくていいかな」と聞いてみた。
息子は、「急にハゲるのか?」と聞いたうえで、「すごくはげたらびっくりするから被ってほしいなあ」と言ったので、キャップを被ってみて(髪を全部収納して)、「こんな感じ」と見せておいた。

それから、昨日夕方のMBSで癌のリーフレットの放送がされていた。
【もっと知ってほしい「大切な人ががんになった」とき】
女性特有がんについてのリーフレット(30ページほど)もある。
これは、タイトルにもあるとおり、患者本人ではなく周りの人たちのためのもので、とても役立つと思った。
こんな言い方をすると、周りの人たちにはとっても申し訳ないのだが、色々心配してくださることはありがたいが、
その心配してくださることがその人にとってストレスとなっても、患者本人にはそれを気遣いケアすることはムリなのだ。
なぜなら、本人は自分のことで精一杯なのだから。
そういうところをケアしてくれる(あらかじめ説いてくれる)リーフレットなのだ。
身近な人も鬱の症状がでることもあること、とか。そういうこともあるから万が一そうなったら受診するように、とか。

早速ダウンロードして印刷し、夫へ。
夫は私の知る限り、手術の内容や今後の治療について覚えていないようで(説明はしたのだが)、どうやら避けて通りたい様に見える(もしくは、聞きたくないのかも)。
# なんせ、「抗がん剤では脱毛などあるしね」と言うと、「え?そうなん?大変やなあ」と。
# また、今朝なんかは「今日は会社いかへんの?」と。1クール目の予定については既に言ってるんだからそのくらい覚えておいて欲しい。
# とはいえ、「重病人だ大変だ」と大騒ぎされるよりかはマシ。と思っている。
まあ、これは夫の性格であろうし、いまさら直るものでもなし、責めるつもりは毛頭ない。
しかし私もそれでは困るので、「最低限これくらいは読んで覚えて置いてください」と渡しておいた。
(が、棚に放置してある)

ま、私は私で自分の治療に徹するだけなので、気にせず頑張ろう。

あっ!
直して欲しいことを思い出した。
昨夜、いびきがすごくて眠れなくて、眠剤飲みました。
ブリーズライトつけるとか、横向いて寝るとか。ちょっとは気をつけて欲しい。今夜も強硬に訴えよう。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/06/06 Wed. 18:47 [edit]

category: 6)TC治療

thread: 乳がん  -  janre: 心と身体

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://meren2012.blog.fc2.com/tb.php/76-740af719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。